北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




あったか豚かす汁  2018/02/15
あったか豚かす汁
 
*材料(4人分)
豚肉 150グラム
大根 5センチ
ニンジン 1/3本
油揚げ 1枚
こんにゃく 1/3枚
ゴボウ 1/2本
サトイモ 4個
玉ネギ 1/2個
長ネギ 1/3本
だし汁 6カップ
酒かす 160グラム
みそ 200〜240グラム
砂糖 ひとつまみ
ショウガ 1片

*作り方
《1》油揚げは熱湯をかけて油抜きする。
《2》大根、ニンジン、《1》、こんにゃくを短冊切りにする。
《3》豚肉とサトイモ、玉ネギは一口大に切る。
《4》ゴボウはささがきに、長ネギは斜め薄切りにする。
《5》酒かすはちぎって耐熱容器に入れて水をひたひたに入れ、レンジに2〜3分かけて泡立て器で混ぜる。
《6》鍋にだし汁と《2》、サトイモ、玉ネギ、ゴボウを入れ火にかけ、煮立ったら中火にして豚肉を入れる。
《7》野菜が煮えたら弱火にし、《5》、みそ、砂糖を入れ、煮立ったら長ネギを散らして火を止める。
《8》器に盛り、好みでおろしショウガを添える。
(レシピ提供=川西克枝さん)

 寒さはまだまだ緩まず、風邪やインフルエンザが流行する季節です。こんな時は消化の良い汁ものが食卓にのぼるとうれしいですね。
 「冷蔵庫にある野菜をお好みで使ってください。酒かすはレンジで加熱すると溶けやすく、甘酒を造るときも便利ですよ」と川西さん。ショウガや、酒かすとみそのダブル発酵食品パワーで、体の芯からぽかぽかと温まります。(構成=福島優香)


バックナンバー
● 鶏とエビのトマトクリーム&パセリライス 2018/02/08
● あんこパウンドケーキ 2018/01/25
● 餅in中華風スープ 2018/01/18
● クリスマス・年末年始特集*下*紅白押しずし 2017/12/21
● クリスマス・年末年始特集*上*ビーフストロガノフ 2017/12/14
● アスリートのミネストローネ 2017/11/30
● かす漬けサバおにぎり&酢カブ 2017/11/16
● ローストチキンwith秋のフルーツ 2017/11/09
● レンコン入りエビチリ 2017/10/26
● 坊ちゃんカボチャのムース 2017/10/19
● 作り置きミートソースを使って*下*ズッキーニ入りラザニア 2017/10/12
● 作り置きミートソースを使って*上*米ナスのミートソースグラタン 2017/09/28
● マッシュルームとホウレンソウのカルボナーラ 2017/09/21
● ホルモン焼きそば 2017/09/14
● レアチーズケーキ 2017/09/07
● 豚しゃぶとナスの梅ソース 2017/08/24
● 枝豆 in ポテトサラダ 2017/08/17
● ピーチクリスプ 2017/08/10
● 沖縄編*下*野菜入りタコライス 2017/08/03
● 沖縄編*上*海ぶどう入りマグロ山かけ丼 2017/07/20
● 揚げオクラのアジアンサラダ 2017/07/13
● ゆるゆる豆乳パンナコッタ 2017/07/06
● 鶏天 2017/06/22
● シーフードマリネ 2017/06/15
● ゴーヤーとツナのマヨあえ 2017/06/08
● アスパラとチーズのチヂミ 2017/06/01
● 山菜とタコの和風パスタ 2017/05/18
● バナナピーナツ春巻きパイ 2017/05/11
● アサリとワカメの韓国風炒め 2017/04/20
● 炊き込みチキンライスを使って*下*エビとユリ根のドリア 2017/04/13
● 炊き込みチキンライスを使って*上*お祝いオムライス 2017/04/06
● 鶏ハムのトマトオリーブトッピング 2017/03/23
● イタリアン水ギョーザ 2017/03/16
● コールスロー 2017/03/09
● 桃の香ミルクかん 2017/03/02
● ブラウニー 2017/02/16
● ホタテとユリ根の塩ソテー 2017/02/09
● 海鮮恵方巻き 2017/02/02
● 名古屋風みそおでん 2017/01/19
● 切り干し大根の梅サラダ 2017/01/12
● クルミ餅 2017/01/05

2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。

北海道新聞社ページへ
戻る