北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




アサリとワカメの韓国風炒め 2017/04/20
アサリとワカメの韓国風炒め
 
イラスト
*材料(4人分)
アサリ 300グラム
塩蔵ワカメ 30グラム
豚バラ薄切り 100グラム
長ネギ 1/2本
ニンニク 1片
大さじ2
ごま油 少々
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
 
□砂出し用の塩水
500ミリリットル
10グラム

*作り方
《1》塩蔵ワカメは水洗いして塩を落とし、水を張ったボウルに入れて5分ほどもどし水を切る。
《2》ボウルに分量の水と塩を入れて溶かし、アサリを入れて冷蔵庫で1〜2時間砂出しをする。殻をこすり合わせながら流水で洗い、ザルに上げる。
《3》長ネギとニンニクを千切り、《1》は3センチ長さ、豚肉は細切りにする。
《4》フライパンにごま油を熱し、ニンニク、長ネギ、豚肉を炒めてワカメを入れ、みりんとしょうゆで味を付けたらいったん取り出す。
《5》そのままのフライパンにアサリと酒を入れてふたをし、口が開いたら《4》を戻してまぜ合わせる。
(レシピ提供=福島愛由さん)

 北海道のアサリの旬がやって来ました。今回は冷蔵庫で中途半端に残ることの多い塩蔵ワカメと合わせましたが、出回り始めた生ワカメを使ってもいい味になります。
 量販店で水産バイヤーを務める福島さんは「ワカメは、ごま油と相性が良く、炒め物に使うとたっぷりいただけます。また店頭に並ぶアサリは一応砂出しをしていますが、家庭でも再度砂出しし、殻の汚れを取るといっそうおいしくできます」とのことです。(構成=福島優香)


バックナンバー

2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。

北海道新聞社ページへ
戻る