北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




時サケと新玉ネギのレンジ蒸し  2018/06/07
時サケと新玉ネギのレンジ蒸し
 
*材料(4人分)
時サケ 4切れ
新玉ネギ 1個
ピーマン 2個
マッシュルーム 4個
サラダ油 少々
白ワイン 大さじ1
ひとつまみ
黒コショウ 少々
みそ 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2

*作り方
《1》時サケは一切れを半分に切り、塩ひとつまみをふりかけ、網の上に数分置く。
《2》キッチンペーパーで、時サケから出た水分を取り除く。
《3》玉ネギを半月切り、ピーマンを輪切り、マッシュルームを薄切りにする。
《4》《3》を耐熱皿に敷いておく。
《5》油を熱したフライパンで《2》を皮目の方だけこんがりと焼く。
《6》《4》に《5》をのせ、白ワイン、黒コショウをふり、ふんわりとラップをかけて約6分(600ワット)レンジにかける。
《7》レンジから出してぴったりとラップし、余熱で十分中まで熱を通す。
《8》みそとマヨネーズを混ぜたものをかけていただく。
(レシピ提供=中嶋玖美子さん)

 今が旬の時サケと、真っ白で甘みたっぷりの新玉ネギがコラボしました。
 「最初にサケから出る水分をふき取り、皮目を焼いておくことで、生臭みが取れます。サケの骨を毛抜きで抜いておくと、お子さんやお年寄りも食べやすいですよ」と中嶋さん。
 大人向けにはみそマヨネーズに粉唐辛子を効かせてもよいでしょう。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る