北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




ごま豆腐の生湯葉巻き揚げ  2018/05/10
ごま豆腐の生湯葉巻き揚げ
 
*材料(4人分)
生湯葉(10×10センチ)
3〜4枚
ごま豆腐
1パック(約100グラム)
天ぷら粉 1/2カップ
適量
シシトウ 1パック
揚げ油 適量
少々
抹茶 少々

*作り方
《1》ごま豆腐を拍子木切り(厚さ1センチ、長さ2センチくらい)にする。
《2》《1》を包める大きさに生湯葉を切り、イラストのように包む。
《3》天ぷら粉に水を袋の分量の指示より若干少なめに入れて溶く。
《4》巻き終わりと両端に《3》を塗り、開かないようにとめる。
《5》外側にも《3》を薄く塗りつけ、約180度の揚げ油でカラリとなるまで揚げる。
《6》シシトウが爆発しないように真ん中に包丁を刺して下ごしらえし、同じく《5》の油で素揚げする。
《7》《5》と《6》を盛りつけ、塩に抹茶をまぜて添える。
(レシピ提供=後藤純子さん)

 簡単で材料もシンプルですが、まるで懐石料理のような一品です。
 「和食でのおもてなしの中で、揚げたてをお出しすると、どんな年代にも喜ばれます。好みの天然塩、ユズ塩などでお召し上がりください」と、後藤さん。生湯葉は市内デパートの豆腐専門店で買い求めるそうです。
 香ばしい湯葉のカリッとした歯触りと、中からトロ〜っと出てくるごま豆腐が絶妙です。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る