北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




大分の鶏めし  2018/03/22
大分の鶏めし
 
*材料(4人分)
2合
鶏もも肉 1枚
ゴボウ 1本
油揚げ 1枚
サラダ油 少々
ニンニク 1片
 
□調味料
しょうゆ 大さじ4
大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1

*作り方
《1》米をとぎ、分量の水加減にセットして炊く。
《2》ニンニクをすりおろす。
《3》余分な脂や血管を取りのぞいた鶏もも肉と、油揚げを1センチ角に切る。
《4》ゴボウは皮をこそげ、ささがきにして水に放ち、ザルにあげる。
《5》サラダ油を熱して《3》の鶏もも肉と《4》をいため、ゴボウが少ししんなりしてきたら《2》と調味料をすべて入れる。
《6》油揚げを《5》に入れ、煮汁が少し残るくらいまで中火で煮詰める。
《7》炊き立ての《1》に《6》をまぜる。
(レシピ提供=中河睦美さん)

 九州は大分の郷土料理“鶏めし”です。「子どものころ住んでいた大分の懐かしい味です」と中河さん。炊いたご飯にまぜるだけなので、手軽に作れるのもうれしい一品。老若男女に好まれる甘じょっぱいご飯です。イラストのようにおにぎりやお弁当にも重宝します。
 一緒に写っているのはお刺し身を使った“りゅうきゅう”。またの機会にご紹介しますので、お楽しみに。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る