北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




餅in中華風スープ  2018/01/18
餅in中華風スープ
 
*材料(2人分)
もち 2個
鶏ささ身 2本
生シイタケ 2枚
ニンジン 5センチ
長ネギ 1/2本
中華スープのもと(練り)
大さじ1/2
3カップ
片栗粉 大さじ2
しょうゆ 少々
1個
ごま油 少々

*作り方
《1》鶏ささ身は開いて筋を取り、細切りにする。
《2》シイタケ、ニンジンは千切り、長ネギは斜め薄切りにする。
《3》水に中華スープのもとを溶かして火にかけ、沸騰したら片栗粉大さじ1を《1》にまぶして入れる。
《4》続いてニンジン、シイタケを入れてからしょうゆ数滴を入れ、味を調える。
《5》水(分量外)と片栗粉、各大さじ1をまぜ、《4》に入れてとろみをつける。
《6》沸騰しているところに溶き卵を細く流し入れ、ごま油数滴と長ネギを入れて火を止める。
《7》焼き目を付けたもちをおわんに盛り、《6》を注ぐ。
(レシピ提供=伊藤礼子さん)

 寒い日が続きます。とろみのついたアツアツのスープで、体も心も温まりませんか?
 「野菜は冷蔵庫にあるもので、例えばキャベツやエノキダケなどでもOK。最近スーパーで見かける生キクラゲも歯触りがよいですね」と伊藤さん。お正月に残ったお餅を入れて、腹持ちのよい一品になりました。
 コツはとろみをつけてから溶き卵を回し入れるとフワッと仕上がります。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る