北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




イタリアン水ギョーザ 2017/03/16
イタリアン水ギョーザ
 
イラスト
*材料(4人分)
ギョーザの皮 20枚
キノコ類 計100グラム
(マイタケ、シメジ、エリンギなど)
豚ひき肉 100グラム
シュレッドチーズ 50グラム
ニンニク 1片
オリーブオイル 適量
白ワイン 小さじ2
小麦粉 小さじ2
塩コショウ 少々
パルメザンチーズ 適量

*作り方
《1》キノコ類とニンニクはみじん切りにする。
《2》耐熱皿に《1》を入れ、オリーブオイル小さじ2、白ワインをふりかけ、塩コショウをして混ぜる。
《3》ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600ワット)で1分30秒加熱する。
《4》ボウルに豚ひき肉、粗熱を取った《3》、刻んだシュレッドチーズ、小麦粉を加え練り混ぜる。
《5》《4》を20等分し、イラストのようにギョーザの皮の中央に一つ分を置き、周りに水をつけて半分に折る。
《6》塩(分量外)ひとつまみを加えた沸騰湯で《5》を2〜3回に分けて3〜4分ゆで、網じゃくしなどでしっかり湯を切る。
《7》盛り付けてから好みの量のパルメザンチーズとオリーブオイル、塩コショウをふる。
(レシピ提供=梶山淑江さん)

 家族に人気のギョーザを、今日はイタリアンでいただきませんか?
 「キノコ類は冷蔵庫に残っているものでかまいませんが、マイタケを加えると風味がよいです」と梶山さん。写真はお手製のゴーヤーピクルスを添えましたが、トマトやバジルなどのパスタソースをかけるのも、おすすめだそうです。
 ツルリとした口当たりで幅広い年代に喜ばれるでしょう。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る