北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

おうちレシピ


 いろいろな料理の作り方を分かりやすくお知らせします。

 なお、2006年4月6日〜2006年7月6日までは舟山由美さんの「おうちカフェ」を2006年7月13日〜2011年3月31日までは「青空クッキング倶楽部のとかちのキッチン」を掲載しています。




桃の香ミルクかん 2017/03/02
桃の香ミルクかん
 
イラスト
*材料(4人分)
牛乳 2カップ
桃フレーバー水 1と1/2カップ
粉寒天 4グラム
砂糖 50グラム
キウイフルーツ 1個
イチゴ 10個
黄桃缶詰 120グラム
   
□シロップ  
桃フレーバー水 1/2カップ
缶詰汁 1/2カップ

*作り方
《1》鍋に桃フレーバー水と粉寒天を入れ、粉が溶けるまでよくかき混ぜる。
《2》中火にかけて、プツプツと泡が出てきてから、2分ほど木べらで混ぜながら火を通す。
《3》その間に、牛乳を電子レンジ(600ワット)で1分30秒間温める。
《4》《2》に砂糖を入れて溶かし、火を止めて《3》を入れ、混ぜる。
《5》耐熱容器に《4》を流し入れ、そのまま常温で固める。
《6》粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、イラストのようにナイフで切り目を入れる。
《7》シロップをかけ、食べやすい大きさに切ったフルーツ類を飾る。
(レシピ提供=星野美里さん)

 3日のひな祭りに、いまからでも簡単に用意できるデザートはいかがでしょう。
 「寒天は30分ほどで固まります。ママ友の集まりに持って行くときも、ゼラチンで固めたお菓子のように溶ける心配がなく、重宝します」と星野さん。今年のひな祭りも娘さんのために、手作りで食卓を調える予定だそうです。
 粉寒天は火にかける前にしっかり溶かし、プツプツと泡立った状態の火加減で2分ほど混ぜることが滑らかに仕上げるコツです。(構成=福島優香)


北海道新聞社ページへ
戻る