北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

十勝ぐるめぐり
KBM(帯広市) 2018/05/31

 高タンパク 肉料理充実

カラフルな焼き野菜が添えられるラムステーキ

 店名の「KBM」はキッチン・ボディー・メークの略。健康的なダイエットを目指す人や、スポーツに熱中するアスリートにぴったりの低カロリーで高タンパクの肉料理が充実している。
 メニューには各料理のカロリーだけでなく、タンパク質や脂質、糖質の量も明記されているので栄養価が一目瞭然だ。牛肉料理はモモやハラミなど低脂肪の部位をステーキとして提供。道内産牛肉を使ったハンバーグには厳選した赤身部位を使う。音更産の鶏肉料理は、タンパク質の豊富なムネ肉をたたきや自家製ハムなど多彩にアレンジ。味付けはシンプルな塩コショウから、トマトやオニオンソースなど全6種類から選択できる。

各種ステーキはカウンター前の鉄板で焼き上げている

 店一押しはオーストラリア産の羊肉料理。脂肪の燃焼を促す効果があるという「L―カルニチン」が多く含まれているのが、その理由だ。カウンターに備えられた鉄板を使い、目の前で焼き上げてくれるラムステーキ(150グラム1400円)は、柔らかな肉質を堪能できる1品。ランチタイムでは100グラムのラムステーキに酵素玄米(白米も選択可)とサラダが添えられたワンプレートに、スープとソフトドリンクが付いて1100円で提供している。
 ドリンクにはバニラやストロベリーなど5種類のフレーバーから選べるプロテインもそろえているので、トレーニングの前後に立ち寄るのもおすすめだ。

(須貝拓也)


北海道新聞社ページへ
戻る