北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

ミックス「中豚」

2018/02/08

とんび

  ロースとバラ 絶妙の味
ミックス「中豚」

 炭火焼き豚丼の専門店として昨年8月にオープンした。自宅を改装して店舗とした店内は、アットホームな雰囲気にあふれており、くつろげる。
 道産豚肉を使った豚丼は、ロースとバラ、その2種を盛り合わせたミックスの3タイプがある。さらに肉の量とご飯の盛りも「子豚」(750円)から「超大豚」(1500円)までの4段階から選べる。
 今回は1番人気というミックスの「中豚」(880円)をチョイスした。割り箸を割って丼を持ち上げると、まずは炭の香ばしさとタレの甘い香りが鼻をくすぐる。ほどよい厚さのロース肉は、さくっと歯切れ良く焼き上げられている。炭火で余分な脂が落とされたバラ肉は、口の中でとろけるように柔らかだ。
 5日間ほどじっくり煮込んだタレは、甘さを控えたサラリとしたタイプで、道産米の「おぼろづき」とのなじみもよい。別注文となるみそ汁(100円)はナメコかワカメから具を選ぶ。
 トッピングも豊富でキャベツやチーズなど全5種類。(須貝拓也)

  ◇ データ  

★とんび map
帯広市西1南24の8
午前11時〜午後2時半、午後5時半〜8時
水曜定休
TEL 0155・26・7311

 

北海道新聞社ページへ
戻る