北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

レディースセット

2017/12/21

Green Valley

  創作ずし 美しく盛る
レディースセット

 芽室町西士狩の丘にあり、いくつかの看板を目印にたどり着く。靴を脱いで店内に入ると、目の前に広がるアンティーク雑貨や食器にうっとり。隠れ家的なこの場所で、絵画のように並べられた創作ずしをいただける。
 マグロやタイ、エビなど、バランスやおいしさから選び抜かれた12貫のすしが、アンティーク皿に並ぶ。しょうゆをつけない代わりに、それぞれの味に合わせてかけられたソースが彩りを加える。口に運ぶと、ふんわりとすしがとろける。
 アンティーク品はオーナーの高村徳行さん(57)が趣味で集めたもの。カフェを開きたい、という夢と、芽室町にあったすし店の2代目という腕を生かした結果、すしとカフェが融合。4年前にオープンした。メニューは要予約のレディースセットのみで、ランチ2千円、ディナー2500円。
 食後はコーヒーと、妻の妙子さんが作ったケーキで、ゆったりとした時間を過ごすことができる。花が咲くシーズンは、隣のガーデンにも癒やされる。(小久保友香)

  ◇ データ  

★SUSHI CAFE Green Valley(グリーンバレー) map
芽室町西士狩北7線19の71
午前11時〜午後5時。ディナーは土日のみで午後5〜8時。要予約
水、木曜定休
TEL 0155・62・4253

 

北海道新聞社ページへ
戻る