北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

おろしそば

2017/05/11

蕎麦処 開拓舎

  「二八」をさっぱりと
おろしそば

 2014年にオープンしたそば店。そば粉の製粉や卸売り、小売りなどを手がける「開拓舎とかち」(幕別)が、関連会社の「大石農産」(大樹)で生産されたそばのメニューを提供している。
 みずみずしい大根おろしが添えられた「おろしそば」(680円)は、冷たいつゆをかけて食べる「ぶっかけそば」の一つ。さっぱりと味わえるため、気温が上がるこれからの時季にぴったりと言えそうだ。
 毎朝、店内で機械打ちするそばは、キタワセを石臼びきした「十勝海霧そば」8割に対し、つなぎの十勝産小麦2割の二八そば。ダイコンは初夏から秋にかけては大石農産で収穫される「清流だいこん」を使い、食感を楽しんでもらおうと「鬼おろし」と呼ばれる目の粗いおろし器でおろす。「水分を切っていないので、うまみもたくさん入っています」(スタッフ小里(おり)陽子さん)
 細めで喉ごしの良い香り高いそばに、カツオやサバの削り節などでだしを取ったまろやかなつゆ、大根おろしがからんで最後まで飽きさせない。(石井久恵)

  ◇ データ  

★蕎麦処 開拓舎 map
帯広市東1南5
午前11時〜午後3時
木曜定休
TEL 0155・67・0513

 

北海道新聞社ページへ
戻る