北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

MURAのぶた丼

2017/02/02

MURA(ムラ)

  炭焼きで うま味凝縮
MURAのぶた丼

 昨年6月に開店した豚丼店。古民家を利用した趣のある店舗で、本格的な炭焼き豚丼が味わえる。
 看板メニューの「MURAのぶた丼」(みそ汁、漬物付き880円)は、ロースとバラ肉の2種類が一度に味わえる。きめ細かく舌触りのよい肉質や、くどくなくて甘みのある脂身が特徴のブランド肉「和豚もちぶた」で、炭火で網焼きしてうま味を閉じ込める。
 ロースは自家製無添加の熟成タレで味付けした。甘み、苦味、塩けが調和したまろやかなタレが、しっとりとやわらかな肉を引き立てる。
 一方、適度な脂身のあるバラ肉は、ヒマラヤ産岩塩のみを使ったシンプルな味付けで、和豚もちぶた特有のうま味を存分に伝える。
 炭の調合も工夫し、炭火の香りが主張し過ぎないよう配慮した。
 量は豚肉が約150グラム、ご飯が約250グラム。肉は大盛りから、ご飯は小盛りから4段階で注文ができる。「豚丼の日」(2月10日)に合わせ、9、10の両日は肉が1・5倍の「肉もり」(通常220円増し)が普通盛りと同料金になる。

  ◇ データ  

★MURA(ムラ) map
帯広市西24南2
午前11時半〜午後3時、5時半〜8時、日曜が午前11時半〜午後8時
月、火曜定休
TEL 0155・67・0249

 

北海道新聞社ページへ
戻る