北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

麻婆豆腐

2017/01/26

チャイニーズレストラン 神龍

  考え抜いた具の調和
麻婆豆腐

 昨年7月に開店した中華料理店。神戸や大阪のホテルなどで修業を積んだ平松一海店主(50)が、長年の経験と技を生かして腕を振るう。
 平松店主が最もこだわり、1番人気でもあるメニューが「麻婆(マーボー)豆腐」。豆腐選びから肉のひき方、汁気と油のバランスなど、随所まで考え抜き、香り豊かで、食材同士がおいしさを引き立て合う一品に仕上げている。
 食べる前に、別添えのサンショウを一振りするのがお薦め。湯気とともに爽やかな匂いが立ち上り、食欲を一層刺激する。口に入れると、絹ごしの豆腐はふんわり軟らかく、大豆の甘みを感じさせる。そこに豚ひき肉のうま味と、シャキシャキとしたネギの風味が重なり、適度な辛さが後から追いかけてくる。1皿500円。本格派な味を手ごろに楽しめるのもうれしい。
 数人で分け合うのもいいが、しつこさがなく、1人でもペロッと食べられる。昼は半量のものに副菜などをセットにした定食(680円)で味わえる。

  ◇ データ  

★チャイニーズレストラン 神龍(シェンロン) map
帯広市東6南16の3の4
午前11時半〜午後1時半、午後5時〜8時
不定休
TEL 0155・40・9344

 

北海道新聞社ページへ
戻る