北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

辛みそラーメン

2017/01/19

五十番

  際立つうまみ、こく
辛みそラーメン

 帯広市内で創業50年以上の老舗ラーメン店。今年1月からランチタイムのみ営業している。
 2代目の柴田良子店主が、しょうゆ、みそ、塩の先代の両親の味を継ぎながら、十数年前から提供を始めた「辛みそラーメン」(850円から、大盛りは100円増し)は根強い人気だ。
 みそラーメンのたれと、トウガラシやニンニク、ショウガなどを入れた辛みそだれをブレンド。豚骨ベースのスープと合わせた真っ赤な見た目は食欲を刺激する。
 ちょい辛(850円)、中辛(850円)、大辛(880円)、激辛(910円)の4種類(写真は中辛)。細めの縮れ麺がスープにからみ、辛さの中にうまみとこくが際立つ。「くせになる味」とファンが多い。
 厚めのチャーシューやシャキシャキした食感の長ネギなどが盛り付けられ、丼の底にはひき肉がたっぷり。写真のように、とろりと半熟の黄身が楽しめる「煮玉子」(100円)を乗せたり、残ったスープをライス(小150円、大200円)と一緒に食べたりと、楽しみが広がる。

  ◇ データ  

★五十番 map
帯広市東9南6
午前11時〜午後2時半ラストオーダー
水曜、3週目の木曜定休(祝日の場合は翌日休み)
TEL 0155・22・2582

 

北海道新聞社ページへ
戻る