北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

鯛だし塩らぁめん

2015/11/12

麺屋 縁。

  スダチ搾ると爽やか
鯛だし塩らぁめん

 芽室町内の居酒屋「izakaya こころ。」を営む藤川純店主(34)が、5月に開いたラーメン店。白濁の白湯(ぱいたん)と透き通った清湯(ちんたん)の2種類のスープを使った定番メニューのほか、月替わりで登場する限定ラーメンも人気が高い。
 11月は「鯛(たい)だし塩らぁめん」(茶漬け用ご飯付き850円)。タイの頭を煮込んだ塩だれと、昆布で取った透明なスープは抜群の相性を見せる。
 「小麦のおいしさを味わってもらいたい」と、芽室産キタノカオリを使った太めの特注麺を合わせた。モチモチした食感が、海の幸のうま味いっぱいのスープで引き立つ。油は一切使っていない。
 トッピングは鶏つくね、かまぼこ、三つ葉など。丼の縁に添えられたスダチを搾ると、爽やかな味わいに変化する。残ったスープはご飯と一緒に「お茶漬け」として楽しめる。
 スープがなくなり次第閉店のため、夜の来店時は電話で確認したい。

  ◇ データ  

★麺屋 縁(えにし)。 map

芽室町東めむろ3南1
午前11時〜午後2時、5時〜8時
木曜定休(祝日の場合は営業)
TEL 0155・62・1111

 

北海道新聞社ページへ
戻る