北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

とりごぼうごはん

2015/10/22

カフェ マレェ

  上品な薄味 料亭直伝
とりごぼうごはん

 昨年9月、池田町に開店したカフェ。農村地帯にある1942年(昭和17年)建造の古民家を利用した店内で、各種紅茶などドリンクや時々で替わる食事メニューなどが味わえる。
 定番の「とりごぼうごはん」(980円)は、京都の料亭オーナー直伝のレシピを元にした同店一押しメニュー。ふっくらとしたご飯は、1人前ごとに土鍋で炊き上げる。十勝産ゴボウや鶏肉から出るうま味を生かした上品な薄味で、約一合入ったご飯も最後まで飽きずにいただける。
 セットの付け合わせとみそ汁は日替わり。この日は、骨まで柔らかく煮た旬のサンマを使ったみそ煮などが並んだ。
 ごはんは注文が入ってから炊くため、30分ほど必要。セットになっている紅茶(ポットサービス)とともに、古民家でのんびりとしたひとときを。紅茶は同店周辺で利用されている地下水でいれている。
 そのほか、池田牛のビーフシチュー(1300円)、タロット占い(要予約2千円)も好評だ。

  ◇ データ  

★カフェ マレェ map

池田町清見78―4
午前11時〜午後7時(午後6時ラストオーダー)、月・火曜定休。今季営業は11月29日まで、来季営業開始は2016年4月中旬からを予定
TEL 015・578・7102

 

北海道新聞社ページへ
戻る