北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

地粉ワンタン麺

2015/05/07

日暮れ食堂「小麦の木」

  滑らかな食感と歯応え
地粉ワンタン麺

 帯広競馬場に隣接する「とかちむら」で同名店舗の営業に専念するため、2年前にクローズしていた旧店舗。今春、夜の営業限定の「日暮れ食堂」としてリニューアルオープンした。十勝産小麦を使った「自家製地粉中華麺」のラーメンのほか、ギョーザをはじめとする人気メニューも復活。同時に「とかちむら」の店舗は、ランチ営業のみに変更された。
 かん水や保存料を使わない自家製麺と同様、手作りしたワンタンが好評の「地粉ワンタン麺」(900円)。ツルッとした滑らかな食感のワンタンは、口に含むとプリッとした弾力のある歯応えを堪能できる。
 しょうゆ味のスープは鶏がらと豚骨を2日間かけてじっくり煮込んでいる。のどごしの良い細麺の風味を損なわないよう自己主張は控えめだが、麺の味わいをしっかりサポートするコクの深さがある。
 種類の豊富な中国茶をはじめ、飲茶メニューも充実。事前予約でランチタイムのコース料理や夜の宴会(3千円から)にも対応できる。

  ◇ データ  

★日暮れ食堂「小麦の木」 map

帯広市西16南6の30
午後6時〜10時半(ラストオーダー)
火曜定休
TEL 0155・41・8831

 

北海道新聞社ページへ
戻る