北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

黒カレー(鶏)

2015/03/12

cafe Jorro

  だしのうまみ凝縮
黒カレー(鶏)

 帯広市と音更町でスープカレー店として営業した後、古民家を改築して2013年に新装オープンした。昭和20年代に建てられたという建物は、ぬくもりと落ち着いた雰囲気を醸し出している。
 人気があるのは、イカスミを使い、オリーブオイルとバジルで味を調えた「黒カレー」(1050円から)。帯広に店があった10年前、「エビとイカの黒カリー」としてメニューに入れ、すっかり定着した。客の要望に応じて具のバリエーションが増え、鶏、豚角煮、エビ、野菜(青雫大豆入り)から選ぶことができる。
 「焦げる寸前まで」炒めたタマネギや鶏ガラのブイヨン、コンブとカツオで取っただしを加えたスープは、うまみが凝縮している。14種類のスパイスとイカスミのまろやかなコクが後を引く。
 音更産丸麦入りのターメリックライスか、音更産小麦「キタノカオリ」で作る自家製全粒粉パンが付く。カレーは黒のほか、トマトの酸味が効いた赤、牛乳を加えてまろやかさを強調した白の3種の定番スープに、月替わりを入れて4種ある。カレーはカフェタイムを除いて提供している。
 メニューにはスイーツやコーヒーなどの飲み物もある。中山一郎店主は「店内にいるとゆっくりとした時間が流れますよ」と来店を呼び掛けている。

  ◇ データ  

★cafe Jorro(カフェ ジョウロ) map

音更町木野新町1の11
ランチ午前11時〜午後2時半(ラストオーダー)
カフェ午後2時半〜5時(同)
午後5時からは電話予約のみの営業
水曜・第3火曜定休
TEL 0155・30・6617

 

北海道新聞社ページへ
戻る