北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

美味彩々

ごぼう天そば

2015/02/05

そばの文吉

  うまさ、2枚で2倍に
ごぼう天そば

 つるっとした喉ごしの良い細めの更科そばと、芽室産ゴボウを使ったサクサクの天ぷらが相性ぴったり。「ごぼう天そば」(温・冷各700円)は、同店で人気の高いメニューの一つだ。
 道内のホテルなどで腕を磨いた留萌市出身の吉川健太郎さん(38)、美穂さん(38)夫妻が営む同店。新得町内の宿泊施設で健太郎さんが培ったそば打ちの技術を生かし、2011年に開店した。
 手打ちのそばは、そば粉8割、つなぎの小麦粉2割の二八そば。かつお節やコンブで取るだしと、まろやかに仕上げたかえしで作る甘めのつゆが引き立てている。
 斜め薄切りにしたゴボウ、細切りのニンジンを合わせた大きなかき揚げが二枚ものる。器からはみ出るほどのボリュームで、「つゆに浸すのと、浸さない天ぷらの両方を楽しんでもらえるように」(健太郎さん)との気配りからだ。
 冷たいそばならサクサクした食感、温かいそばならつゆの染みた天ぷらのおいしさが一層際立つ。

  ◇ データ  

★そばの文吉 map

帯広市西2南21
午前11時〜午後3時
不定休(今月は8、21日が休み)
TEL 0155・27・1166

 

北海道新聞社ページへ
戻る