北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

「そのうち分かるよ」 海富 智恵(60)=帯広市*帯広会場 2017/08/30

 ランチタイムの店は、とても混んでいた。ようやく席に案内された私たち。さんざんメニューをながめて、カニ雑炊を注文した。
 青森に住む友だちと会うのは久しぶりである。学生の頃は焼き肉の後、二人でパフェ食べ放題に繰り出したこともあった。お互い、胃袋もお年を召した。
 運ばれてきた雑炊をフーフーしながら食べ始めたとき、隣の席に若いカップルが座った。
 「疲れてるみたいだね」。彼が彼女の顔を覗(のぞ)き込む。
 「うん。すごく忙しかったの」と彼女は話し始めた。「再任用のオジサン、パソコン苦手みたいでさぁ……」
 思わず箸が止まる。私たちの夫は、この3月で定年退職し、4月から再任用で働いている。
 「ほんとは若い人がほしかったのに」
 「でも、今は年金すぐ出ないから、そういう人も雇わないといけないんだろ? ウチも何人かいるよ」
 私たちは無言で雑炊を口に運ぶ。
 「いいんだけどさ、モチベーション低くって、時々イラッとしちゃうんだよね」
 「あー、なんかそれ、分かるかも」
 うーん、私たちも分かるかも。昔、二人で同じような愚痴をこぼした覚えがある。思わず顔を見合わせ、うなずき合う。
 その年齢、その立場になってみないと気づけないことがあるものだ。ふやけてきた雑炊を見つめながら、小娘だった頃に思いを馳(は)せた。


 

 

北海道新聞社ページへ
戻る