北海道新聞帯広支社
Hokkaido shimbun press Obihiro branch

「避難体験」 樋口 厚宏(81)=足寄町*上士幌会場 2017/02/15

 昨年8月、十勝にも台風が津波のように、四度にわたって襲来。至る所で甚大な被害だ。
 思い起こせば、深夜の熟睡中に10号の避難勧告が発令された。時計は12時40分を指していた。
 眠い目を擦りながら窓越しに覗(のぞ)けば、驚くなかれ暴風雨で電線は切れんばかりに大揺れで、草木も荒れて靡(なび)いていた。
 利別川の堤防が氾濫寸前という。街宣車から緊急の報に焦りを感じ、非常用のリュックを背負い、安全地帯へと車で急ぐ。体育館に着くなり、「私たち早いほうよ」と家内が呟(つぶや)くように、ポツリという。
 受け付けで住所と名前を記載。万が一の時の連絡先なども記入する。
 毛布を配られ、横になったが、ザワザワした雰囲気のなかで、うたた寝。頭がボーッとして冴(さ)えないまま夜が明けた。
 給食センターから借りたのか、大きな食缶が運び込まれた。係員が「朝食の準備ができましたので、二列に並んで受け取って時計回りに戻って」…と説明。
 このような時の炊き出しは、初めての体験であり、疲労のためか特にうまかった。
 しかし、乳呑(ちの)み児や、車椅子の生活をしていた家族もあったでしょうに。どんな思いでここに来たのだろうか、と家内と話しあう。
 今回の避難係員たちは懸命に健康状態を確認、常備薬の有無、血圧の測定などあれこれと動いていた。私はこの足寄の町に住んで、素直によかった、と思っている。


 

 

北海道新聞社ページへ
戻る